FC2ブログ

STUDIO Lo-Spec

同人活動日記。えっちな絵があるので18歳未満は閲覧禁止ですよっ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

さて、先日まで知り合いの作家さんのお手伝いをチョコチョコっとやっておりました。
当の私はコミケには行けないわけですが(経済的な意味で)

そんなわけでダラダラと年末年始を過ごすことにした私は
手始めにこれまた別の知り合い作家さんからのすすめで
1996年に発売されたPC98版ゲームである

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」

をプレイしておりました。

んで、先ほどプレイし終わったのですが・・・

なるほど、おすすめされた理由はよくわかった。
なんというか、シナリオがすっごくよくできてる。
というか、シナリオとゲームデザインがうまく構成されてて
このシステムでないと成立しない内容になっているのだ。

非常によく練りこまれたシナリオ、システム、世界設定で
これは現在でも充分通用するレベルだと思いましたね、うん。

まあ、設定上かなり難しい表現が使われてたりで
ちんぷんかんぷんな部分もありましたがそれはこちら側の
理解力が足りなかったからということで(^^;)

このゲーム、セガサターンにも移植されたようで
前述の作家さんはこちらをプレイしたときに攻略に
100時間以上(!)を費やしたとかなんとか・・・

いや、実際フルボイスでちゃんとテキストを読ませていったら
それくらいになるシナリオ量ですマジで。

ウチはPC98版をやったので、テキストをある程度さくさく飛ばしたりもして
実質30時間くらいで、それも攻略情報を見ながらです。
つまり、攻略情報がなければ・・・まだまだ時間がかかったでしょうね。

そんなわけで、旧作ゲームを遊んでみたわけですが
はっきりと言えることは・・・

古くても名作は名作

ということでしょうな、うん。
多くの方がこのゲームを高く評価していることに納得。

今では入手が困難でしょうが、ぜひ楽しんでいただきたい作品ですな・・・
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

まだ出しもしない本の表紙絵を



戯れに下塗りをしてみるテスト(^q^)


B5サイズ解像度600で作業してるのですが
このファイルを開くとSAIのメモリ負荷率がイエローゾーンに突入してしまう(´ε`;)

メモリを実装4GBまで拡張してなければ即死だった・・・

たとえばこんな表紙絵



まだ出しもしない本の表紙をペン入れしてみるテスト(^q^)

いつか出す同人のネームを

    

こんな感じのものを描いてるわけですが・・・
これが本当に本になるかは謎です(オイ

内容的には現在pixivに投稿中の4コマ
「ボーカルロボ・初音さん」の後日談ということになります。

・・・ペン入れするまでにまた絵柄が変わらないかが不安だわぁ(´Д`;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。